So-net無料ブログ作成

城を巡る旅(上田城) [史跡]

世に三名城と呼ばれるのは名古屋城、大阪城、そして熊本城ですが、調べてみるとはっきり定まってるというわけではないようです。姫路城が加わったり、はたまた松本城だったり。

定義も曖昧で、一般には加藤清正と藤堂高虎が普請した城郭のうち特に機能美が優れている事からこの三つが選ばれてるようです。ただ、最も優れていた江戸城を別格にして、次席扱いが三名城という事のようで巷間で使われている意味とは少し違うようです。

大阪城と熊本城は実際に戦を経験した事のある城です。名城と言うに相応しく攻めがたく寄せ手を苦労させたと歴史に記されています。残念ながらその際に消失し、現在見る事が出来るのは昭和の時代に復元された姿というわけです。(秀吉の大阪城は大阪夏の陣で、徳川大阪城は鳥羽伏見の戦の後消失。)名古屋城は戦場にはなりませんでしたが、太平洋戦争末期に米軍機の爆撃によって消失。現在の姿は同様に復元されたものです。(有名な金の鯱だけは避難させてあったので今も本物を見る事が出来ます。)

さて私個人が考える名城の定義とは、やはり戦において寄せ手の猛攻を退けた城。それは兎にも城の造り手の意中に攻め手がはまってしまった城とも言えるかと。

多くの城が造られ、そして消えていった戦国時代。私は守り手より遥かに多い徳川の大軍を史上二度も退けた上田城は天下に鳴り響いた名城中の名城の一つであると思います。

上田城を訪れたのは2001年5月。実は国宝松本城を見学に行く途中で立ち寄ったオプション的なものでした。しかし、私には上の理由からも松本城以上に見学したいという強い思いがあったわけです。

今私達が見る事の出来る上田城は、真田氏の後に上田に入った仙石氏によって造られた城郭の一部(本丸の北、南、西の櫓)とそれに伴う復元された東虎口櫓門(大手門)です。

築城された時より本丸に天守が存在したかどうかは不明のようです。その後も造られる事なく明治維新を迎えていますが、縄張りに関してはほとんど真田氏が築いた当時と大きな変化はないようです。

この上田城の見所はなんと言っても敵の侵入を拒むための構えです。まず、要の本丸を南側に置いてあるように千曲川の天然の断崖絶壁を取り込み、南側はほぼ完璧といえる防御を形成しています。今日川は城を迂回するように流れを変えていますが、 この場所の尼ヶ淵という名称から上田城は尼ヶ淵城とも呼ばれていました。ここは現在でも進入が難しかった当時を偲ばせます。又内堀も小さな上田城(大阪城や姫路城の規模に比べて)にしては幅が広く容易に攻略出来なかったと想像できます。

北と西にも川を引き込み総構えとしています。唯一の攻め口である東側からの攻撃を考慮して、城下町の通りは直線ではなく、ジグザクに区画し、湿地帯も加えて大軍では攻められないように工夫されていました。

上田城を築いた真田昌幸は武田家の家臣でしたが、主家滅亡後は家名存続のため、時節の変遷に伴い領主を変えて生きのびてきました。しかし、天正十三年(1585)徳川家の傘下にいた時、真田の領地である上州沼田を真田家に無断で徳川は北条との和睦の条件に譲渡すると決めてしまいます。この事をきっかけに徳川氏と敵対。

同年八月徳川家康は7000の兵で真田討伐を行いました。これに対して真田側は2000の守り。(長男信之が篭る支城に800。更に各地に分散させた兵の配置の為上田城には400程度の兵しかいなかった。)

昌幸は大軍を誇る徳川軍を力で防ごうとはせず、200余りの兵で槍合わせをしては引き、敵方を二の丸まで進撃させました。勢いを得た徳川勢は計り事も疑わずに一気に城を落とそうとします。ここで昌幸は進入路である東側の城下町に火を放ち退路を遮断。浮き足だった徳川方に城門上から丸太や弓、鉄砲で応戦。更に配置してあった伏兵や信之の支城の兵を横から攻めさせました。陣が崩された徳川勢はまさに「下戸に酒を振舞うが如し」(三河物語)となり、撤退するしか出来ませんでした。徳川の戦死者は1300以上で真田側はわずか40人ぐらいだったそうです。

この第一次上田合戦で昌幸の名声は高まり、信州の一領主から一躍大名へのstepになったいう事です。

そして慶長五年(1600)上杉討伐の為、家康の陣にいた真田親子は石田三成が挙兵した事を知るや信之を東軍に残し(徳川四天王の本田忠勝と婚籍関係にあった、又は家名存続の為とも。)、次男信繁(幸村)と共に西軍に寝返り上田城に篭城します。関が原へ向かう為に中仙道を進む徳川秀忠と38000の軍勢は途中の上田城を取り囲みます。しかし、わずか2000の兵と地形を利用して再び徳川勢を翻弄。簡単には上田城を落とせないと悟った秀忠は押さえを残して関が原に急ぎますが、天候の悪化もあり決戦に遅参するという大失態を演じる事になってしまいました。この時の家康の怒りは凄まじく、しばらく秀忠は口をきいてもらえなかったという事です。

関が原の後、紀州九度山に信繁と共に蟄居させられた昌幸ですが、いずれ大阪と江戸が戦になる事を見越して再起を期していました。しかし、病には勝てず大阪冬の陣の3年前に亡くなりました。

私達がお城を見学すると「国破れて山河あり」といった詩を思い起こす事が度々あります。ですが、この上田城に限って言えば決してそんなイメージは沸いてきません。国や領民の運命を左右する舞台となる城郭ですが、この城にはどちらかというと暗いイメージはなく、それよりもどんな大軍であろうと落とすことは出来ないぞという気概のようなものが伝わってきます。

現在二の丸跡は公園として市民の憩いの広場になっています。昌幸のバイタリティ溢れる人生を想いながらそこを散策していると、私にまで戦国時代に生きる情熱のほんの一部分が伝わってくる、そんな錯覚を起こさせてくれました。

 

 

 

上田城址


レイテ島 [史実]

1185658.jpg 

戦争を直接知らない世代の人達にとって、それはメディア(書物や映像等)を通しての、においも触感もない、少し距離を置いたモノとして存在してるのではないでしょうか。

私にとっても同じです。でも、距離置きながらも、どこか身近にあるような錯覚を起こしがちで、曖昧なものでもあるのです。

その錯覚を起こさせているモノとは、祖母の箪笥の上に置かれている一枚の日本兵のモノクローム写真です。
そこに写っている色白の青年は、細いフレームの眼鏡をかけ、ぎこちなくこちらに微笑んでいます。
この人は太平洋戦争中にレイテ島で戦死した、祖母のお兄さんなのです。

兄弟一人一人の良い所を全て足しても、このお兄さんには適わないと、祖母のお母さんがよく話していたそうです。
まじめで、実直で、要領が悪くて、今でいう人の良すぎる人だったとか。
出征の朝も、家族にだけ挨拶をして新潟へそっと出かけて行ったそうです。

近所の人がお兄さんに出発前、「戦地に行ったら、今のままではいけないよ。人よりも上手に太刀まわりなさい。」と口をすっぱくして忠告したそうです。
でも、そんな事出来なかったろうって。人の良いお兄さんが要領よくできるわけない、真先に死んでしまったんだろうね、って祖母は話していました。
戦死の知らせは、区長さんが届けてくれたそうです。もちろん、遺品や遺骨が帰ってきたわけではありません。

戦後間もなくしてお兄さんと同じ部隊にいた戦友の方々が実家を訪ねてくれ、当時の話をしてくれたそうです。
残念ながら、私は祖母の記憶から、その時の事を詳しくは聞けませんでした。
ですから、お兄さんがどこの部隊にいて、どのようにレイテ島に移ったのかは詳しくは判りません。
唯一の記録として、戦友の方々が持って来てくれた会寧(現北朝鮮、中国吉林省国境近く)で写したという写真と、祖母の実家に残っているはずの記録を、私は今後調べていくつもりでいます。

レイテ島はフィリピンのほぼ中央に位置し、マニラの南方576km、島の規模は南北180km、東西25~70km。島の中央にあるカリガラ平野を飛行場として利用し、ルソン島攻略の拠点とする。これが米軍のレイテ島の戦略的価値だったわけです。
しかし、別の見方をすればマッカーサーが昭和17年に「I shall return.」の言葉を遺してフィリピンから撤退した時の汚名挽回の為だけの作戦だったとも言えます。

すでに、サイパン島を手中にしていた米軍にとって、そこから直接日本本土を攻略する事ができるわけです。大切な自国の兵士達の命をみすみす犠牲にする必要はなかったはずです。
一方、日本側もフィリピンを本土防衛の最終ラインと定め、ルソン島での決戦に向けて、兵力と軍事物資の集積、夜間演習を日夜繰り返していました。

ところが、昭和19年10月12日に台湾沖で米機動部隊と交戦した際、未熟なパイロットの誤報に未曾有の大戦果を国民に報告してしまいます。後に海軍はこの事に気付きながらも、秘匿してしまいました。サイパン玉砕以来、不安が高まりつつあった国民に対して、今更誤報であったとは言えなかったのです。しかし、問題はそれだけでなく、協同作戦をとるべき陸軍にも、この事実を報告しなかったのです。この為、陸軍は一時的に航空兵力が弱体した米軍を叩く好機と楽観し、兵力も防御も薄いレイテ島での決戦に作戦を変更してしまいます。
現実の航空兵力は米1400に対して、日本側は後詰を含めても200程度。
寡少の航空機で敵に損害を出させる為、零戦に250kg爆弾を抱かせての体当たり攻撃、神風特攻隊が作戦として実行されたのも、このレイテ戦からなのです。

不運は重なるもので、日本側の準備も整わない10月20日に米軍は6万の兵力と1万㌧の物資を上陸させ、ここにレイテ島攻略が始まりました。
日本側の守備隊は島に分散した第16師団のみ。
逐次、兵力補給をするといっても、すでに制空権なき所への海上輸送は死と隣合わせの命懸けそのもの。
海上輸送中に爆撃や潜水艦による攻撃で、船ごと亡くなっている兵士が約1万人に達しています。

運良く島に上陸できたとしても、弾薬も食料も乏しい中で米軍の圧倒的な物量と戦わなくてはなりませんでした。
更に島内にはマラリアが発生しやすく、いたずらに兵士達の命を損なう事に。
米軍の島内での航空戦力が日々に増大していく中で、こうした兵員輸送自体が無意味であるにも
かかわらず、大本営(東京)はレイテ島での勝利にこだわりました。(一説では、レイテ戦の勝利を切札に和平しようとしていた。) 
結局、作戦は2ヶ月続行され、多くの人命が死地に駆り出される事に。

img_874800_5373018_0.jpg

『黒線は米軍の進撃ルート、白線は日本側の兵員輸送ルート。南に大きく迂回しているのは制空権を奪われていた為に北部カリガラ湾から上陸させる事が難しかったから。』

例え、作戦を中止した所で戦局が変わる事はなかったでしょう。それでも、84006人(陸海空を含む)の兵力を投入しながら、戦没者が79261人にも達してしまった惨状は避けられたのでは、と思うのは遺族だけではないはずです。

亡くなったお兄さんは死の間際まで、何を考えていたんだろうと思います。
食料難と病気に悩まされる熱帯の島で。
家族のこと、故郷の思い出、独身だったそうなので、好きな女性がいたかもしれません。

お国の為という決まり事から、自分の気持ちを表に表わすこと等できなかったでしょう。
おそらく、大抵の兵士達が自分の死の意味を理解する事もなく散っていったはずです。
そんな彼らのことを考えると、本当に胸が締め付けられます。

今、私達にできることは何でしょうか?
この歴史を正しく理解する事。そして、二度と国が誤った道を歩まないように意識していなければいけない事だと思います。
なぜなら、日本人だけでなく戦火に巻き込まれた全ての国の人達が、同じような思いをしたわけですから。

祖母の箪笥の上には、今もお兄さんの写真が大切に飾ってあります。
私はその写真を目にする度に、今後一層この思いを強くしていくでしょう。

今年は日本が戦争に負けて、新しい歴史を歩き出してから60年目です。


                                               2005.8.15


* この記事は2005年8月に投稿したものを編集し直してあります。

* 私の祖母は2005年の11月に永眠しました。話を聞いた3ヶ月前までは、まだしっかりしていたのです。
今となってはもう話を聞く事が出来ない事は、本当に残念でしかたありません。


歴史はミステリーによって真実に近づく! [その他]

最近歴史の謎を題材にしたバラエティ番組が多いと思いませんか?

ちょっと調べただけでも週に3本ぐらい放送してますね。似たような番組が製作されるというのはそれだけ人気があるという事でしょう。

多くの日本人が歴史に対して教科書どおりを受け入れるのでなく、この歴史は本当の事なんだろうか?というように少し疑問符を付けて接し始めていると解釈してもいいのかと思います。

中にはかなり大胆な仮説を投げかける番組もありますが、それはそれで本当?と自分なりの考えを巡らせるような素地が出来上がってきたとも言えるでしょう。

この傾向はとても良い事ではないかと私は思います。

元より私達が歴史とよび、頭の中の年表の中に並んでいる項目それらが全て真実であるとは限らないからです。

古代より歴史というものは戦争の歴史でした。そこには勝者と敗者がいます。それまで栄華を誇ってきた支配者側が一夜にして歴史の闇に埋もれるなんていうのは良く聞く話です。つまり教科書で読み、学校で習ってきた多くの事は戦勝者側の都合の良い記録だけで固められたものと考えるべきでしょう。勝者にとって都合の悪い敗者側の記録は破棄され改ざんされるのが歴史の常なわけです。勿論それらが全てでっち上げだとは言いません。歴史とは光と闇の両方の部分を知る事によってはじめて真実に到達出来たと言えると思うのです。

ですから、歴史に疑問符が付くのは当たり前なんです。事実を明らかにするのは容易な事ではありません。記録自体がないわけですから、後はわずかに残された史跡や旧家等に眠っているかもしれない今だに発見されてない未知の資料から可能性を探るしかないのです。

前回書いた伊達騒動はいわば、藩政を牛耳る伊達兵部とそれに反発する伊達安芸という一族の抗争の歴史でした。安芸側が勝者となった故に兵部側だった原田甲斐の記録は伊達安芸側で書かれた悪人としての記録だけが残ったわけです。しかし、真相を知るためにはどうしても敗者側の記録も確認する必要がありますが、それが不可能に近い為に現代に生きる私達には歴史=解明されてないものとして位置づける必要もあるのではないでしょうか。

考えて見れば、歴史の謎も何もなく100%真実が明らかであれば、知識の糧となるだけで面白味も何もないとは思いませんか?例えば、邪馬台国が九州にあったのか、畿内にあったのか。さんざん議論されていますが、議論されている今が一番楽しめると思うのは私だけではないはず。双方の主張を照らし合せるとそれぞれに納得できて笑えるぐらい楽しいものです。これが、仮にどちらかに確定してしまったらどうでしょう。歴史の引出しの奥に仕舞いっ放しになりはしませんか?(まぁ、最終的には白黒はつけては欲しいのですけどw。)

歴史の語られない部分を明らかにし、真実を知る事はとても大切です。私のように謎がある間の方が面白いなんて考えてるのは、日夜研究して苦労をされてる方々にはとても申し訳ない事と思います。

ですが、謎という?の部分から歴史を見たら逆に真実に辿りつけるきっかけになるかもしれません。教科書で習った事柄を鵜呑みにしてそのまま引出しに閉まっておいても先には進めません。謎として探求していけば、いつかとんでもない新証拠が発見されるかもしれません。

つい先日も現存している「源氏物語」の藤原定家の写本よりも古い大沢本が見つかり話題になりました。それらも奈良の旧家から戦後行方不明になっていたという事です。この写本の発見によって今は失われた紫式部の原本に近づけるかもしれないという事です。

このように私達が今だ考えもつかない歴史の闇の部分に突然光が当たる可能性は残ってるのです。そんな新証拠が見つかれば、今までの概念を180度回転させる事件になるはずです。

そんな日が来る事を楽しみにしつつ、今は歴史ミステリーの番組で謎をたくさん増やしておこうと思います。

 

 

 

吉野ヶ里歴史公園


上泉伊勢守信綱 [人物]

img_874800_5370643_0.jpg

黒澤明監督の名作「七人の侍」の中で侍達のリーダー的存在である、志村喬演じる勘兵衛を強く印象づけるエピソードが劇中に出てきます。

錯乱した男が赤ん坊を人質に取って農家に立てこもるのですが。
勘兵衛は自らの髷を落とし、借り物の僧着を着て、お坊さんに成りすまします。
ゆっくりと家に近づき、手に持っていたおむすびを食べるよう、中へ投げ入れます。
と、その瞬間に静から動に転じて勘兵衛は家の中へ飛び込みます。
(観客にも家の中は見えないため、劇中の野次馬達と同様に息を呑むという演出がされています。)
やがて、男が飛び出してきて、スローモーションで地に倒れ付します。
後から勘兵衛は赤ん坊を抱いて整然とした表情で出てくるのです。
剣の実力も然ることながら、それを内に秘め、表に出さない勘兵衛という人物の、
侍としての資質と人格の見事さを表わした名シーンであった、と私は思っています。

さて、かなり前置きが長くなってしまいましたが、
私がある日、「日本剣豪列伝」という本を読んでいますと、
前出のシーンと全く同じ話が出てくるではありませんか。
調べてみると、黒澤監督がその話を映画の中で使用したという事が判りました。
私は「本当に、こんな人がいたのか。」と心底驚いたものでした。
(後日、講談の作り話らしいという事も判りましたがw)

その人物こそ「上泉伊勢守信綱」なんです。
上泉秀綱は永正五年(1508年)頃の生まれ、幼少より武芸に励み、天真正伝香取新当流や日立鹿島にて愛州移香斎より陰流を学んでいます。
代々、上泉家は関東管領上杉氏に属していました。
上杉影虎(謙信)が上州に兵を進めた時、
箕輪城の長野業正を目代にした為、長野氏の属将となります。

永録六年(1563年)に武田信玄に箕輪城を落とされ、長野氏は滅亡します。
後に武田氏の配下になりましたが、武将としてではなく、
自らが創始した新陰流を世に広めたいという願いから兵法修行の旅に出ます。
この時、信玄より「信」の一字を与えられ、以後信綱を名のるようになりました。

信綱は、後に徳川幕府の剣術指南役となる柳生家に新陰流を伝え、柳生新陰流を開眼させる事でも有名になりました。
また、当時の剣術の稽古は木刀での型によるものが中心でしたが、
実際に打ち合っても怪我をしない、袋竹刀を考案したのも信綱なんです。

彼は更に、撃剣をもっぱらとしただけでなく、剣術を通じての人格修行を目指す事を推奨していました。
『兵法は進退ここにきわまりて、一生一度の用に立る為ならば、さのみ世間に能見られおき事にあらず、・・・・・仕なしは見苦しくて、初心の様に見ゆるとも、火炎の内に飛入、磐石の下に敷かれても、滅せぬ心こそ心と頼む主なかれ』

信綱の没年や最後の場所ははっきりしていません。(一説には天正十年小田原で亡くなったとも)
どこか自らの目的を果たした後に、スーッと姿を消してしまった様な印象が私にはあります。

剣聖といわれた強さの中に、水鏡の様な静かな精神性と、人生の目的を確固たるものにしようとした意志の堅さを持ち合せていたと思える上泉信綱。
今も私の心の中では、志村喬さんが演じた勘兵衛と、どこか姿が重なってしまうのです。


* 写真は映画「七人の侍」より志村喬演じる勘兵衛。

* この記事は2005年8月に投稿したものを再編集しました。

*2008年6月上泉伊勢守生誕500年祭が群馬県前橋市で開かれ、それを記念して上泉町に銅像が建てられたそうです。私もいつか見学に行きたいと思っています。

 

 

上泉城址