So-net無料ブログ作成

千葉佐那子 美しき女性であったと宇和島伊達家の記録に記述 [人物]

 坂本龍馬が江戸で剣術修行中に知り合い、婚約したとされる千葉佐那が、飛び切りの美人であったという記述が、愛媛県宇和島市に残る宇和島藩8代藩主・伊達宗城(むねなり)(1818~92)の記録「稿本藍山公記(こうほんらんざんこうき)」(宇和島伊達文化保存会蔵)にあることがわかった。
(2010.3.21Yomiuri Online)

 此はしハまづ人にゆハれんぞよ すこしわけがある 長刀順付ハ千葉先生より越前老公へあがり候人江 御申付にて書たるなり 此人ハおさなというなり 本ハ乙女といいしなり 今年廿六歳ニなり候 馬によくのり剣も余程手づよく 長刀も出来 力ハなみ々の男子よりつよく 先 たとへバうちにむかしをり候ぎんという女の 力料斗も御座候べし かほかたち平井より少しよし 十三玄のことよくひき 十四歳の時皆伝いたし申候よし そしてゑもかき申候 心ばへ大丈夫ニて男子などをよばず 夫ニいたりてしづかなる人なり ものかずいはず まあ々今の平井々  〇御文難有拝見 杉山へ御願の事も拝見いたし候 其返しハ後より々  十四日  龍  乙様

 これは文久2年(1862)3月に脱藩した龍馬が千葉佐那について、故郷の姉乙女に宛てた手紙の全文である。(注1)

続きを読む


白鳥十郎長久 その実像にせまる書状を発見 [人物]

 山形県村山市から河北町へと勢力を伸ばし、最期は山形城主最上義光に謀殺されたと伝えられる悲運の戦国大名、白鳥十郎長久の直筆とみられる書状が宮城県白石市内で発見された。2月23日には長久ゆかりの地である村山市戸沢地区の住民らが白石市を訪れ、謎も多い長久の貴重な史料と対面した。(2010.3.7河北新報)

 戦国時代末期の出羽国はその覇権を巡り、最上氏を中心に周辺の豪族達と群雄割拠をしていた。なかでも谷地(現山形県西村山郡河北町)に勢力を持つ白鳥長久は最上義光とともに出羽の双傑と称された武将である。天正5年(1577)、長久は最上氏の家職である羽州探題に自らを織田信長に認めさせるよう外交を行ったが、逆にこれが義光に殺害される原因となってしまった。

 記事中の書状は昨年9月、伊達家宿老の家柄である遠藤家子孫方から発見された古文書の中の一枚である。大崎義隆の上洛にあたり、長久が伊達領内の通行を遠藤基信に要請したというもので、これと期日と内容が全く同一の記録が元禄年間に編纂された仙台伊達家の正史である「性山公(伊達輝宗)治家記録」の中に記されている。記録と書状が一致したことで、これまで伝説や物語が先行していた白鳥長久の研究が大いに進む可能性が見えてきた。

続きを読む


容保桜 京都守護職上屋敷跡の桜木に命名 [topics]

 幕末に京都守護職上屋敷があった京都府庁の桜に、当時、守護職を務めた会津藩最後の藩主松平容保(かたもり)公の名を取って「容保桜」と名付けられた。(2010.3.4福島民友ニュース)

 慶応三年十二月(1868年1月)、松平容保は王政復古の大号令後の小御所会議により守護職罷免を言い渡され、徳川慶喜、京都所司代松平定敬と共に二条城を退去し大阪城へ移った。文久ニ年十二月に入京して以来5年、身を挺して職務を全うしてきたという強い信念は、決して折れることはなかったであろう。

続きを読む