So-net無料ブログ作成
検索選択

千葉さな 龍馬七回忌後に婚姻していた史料を発見 [topics]

 坂本龍馬の婚約者で生涯独身を貫いたとされる千葉さな(1838-96)が、龍馬の暗殺後、元鳥取藩士と結婚していたとする明治時代の新聞記事が、3日までに見つかった。(2010.7.3毎日jp)

 明治9年(1876)桶町千葉道場は近隣に発生した火災により焼失。父定吉は重太郎の養子である千葉一胤宅へ移り、さなはそれ以前から姉里幾のいる横浜に身を寄せたという。明治15年9月に華族女学校の舎監に就任しているので、彼女が婚姻したという記録が事実であるならその間の出来事であったはずだ。

続きを読む