So-net無料ブログ作成

亀山本徳寺 西本願寺より移築された新選組屯所が本堂として現存 [史跡]

 まちづくりなどに取り組む姫路市のNPO法人「コムサロン21」が、世界遺産・姫路城を訪れる観光客に江戸時代の城下町にタイムスリップしたような雰囲気を楽しんでもらおうと、市民が和服姿でJR姫路駅周辺を歩くイベント「和服deひめじ」を31日と11月3、7日に行う。(2010.10.28YomiuriOnline)

 「平成の大修理」を行っている姫路城の観光客減に歯止めを掛けるため、幕末の志士や新選組隊士に扮したNPOのメンバーがイベントをPRしている。確かに播州出身の新選組隊士は数名いる。姫路出は平山五郎と鈴木練三郎など、服部武雄、河合耆三郎、松原忠司らも播州の出である。また、斎藤一は生まれは江戸だが、明石藩脱藩を自称している。しかし、歴史的には姫路市と新選組との大きな関わりはなかったといってよい。

 記事中にある縁があるという亀山本徳寺は、その本堂が明治六年に京の西本願寺北集会所(きたしゅえしょ)を移築したものだ。この北集会所は元治二年(1865)三月から慶応三年(1867)六月まで新選組が屯所として使用していた建物である。亀山本徳寺に北集会所が移築された際、それらの部材の加工を最小限に止めたので、現存する本堂は新選組が使用していた当時のままの遺構といえる。そのため、堂内の柱の一本には隊士がつけたと思われる刀痕が残っているほどだ。

続きを読む


松平兵部大輔斉宜 尾張領内での無礼討ちは史実かフィクションか? [人物]

 映画で暴君と描かれた15代明石藩主松平斉宣(なりこと)の直筆とされる掛け軸が地元明石市に伝わり、関係者は、文字から伝わる性格を映画とは違い「穏やか」と擁護している。(2010.9.25神戸新聞)

 公開中の映画「十三人の刺客」で、暴君として描かれる松平斉韶(なりつぐ)は実在の播磨国明石藩第七代藩主である。だが、稲垣吾郎さんが演じる映画のモデルとなったのは斉韶公ではなく、十一代将軍徳川家斉の子で、その養子となった八代藩主斉宜(なりこと)のほうだ。(1)

 斉宜公は参勤交代中に尾張藩領内で、行列を横切った三歳の幼児を無礼討にしてしまった。この領民に対する一方的な処置に対して、尾張藩では以後明石藩の領内通行を禁止とした。更に、幼児の父親である猟師の源内は、弘化元年(1844)に木曽路で斉宜公の駕籠を狙撃し、公は落命したとの言伝えも残っている。

続きを読む