So-net無料ブログ作成

国定忠治 義侠の徒かお尋ね者か、イベント中止を契機に歴史的再評価を [人物]

 ばくち打ちか、窮民救済の義侠(ぎきょう)の徒か――。今年で生誕200年を迎えた江戸時代の侠客(きょうかく)・国定忠治を巡り、出生地の群馬県伊勢崎市で議論が起こっている。5月に予定していた記念イベントは、市側が待ったをかけて中止となる一方、観光関係者や郷土史家からは街おこしにつなげようと再評価の声も広がっている。(2010.11.22 YomiuriOnline)

 国定忠治こと本名長岡忠次郎は文化七年頃(1810)の生まれで、上州一帯を縄張りとした博徒の親分である。嘉永三年(1850)八月、関東取締出役(八州廻り)に捕縛され江戸小伝馬町の牢獄に入れられた。同年十二月、大戸関所(現群馬県東吾妻町)破りの罪により現地で磔刑に処されている。享年四十一歳。

 講談や映画などで弱きを助け、不正に挑むアウトローとして、一時期ブームにまでなった国定忠治。歴史上の人物にはありがちな事だが、後世に作られたイメージが史実の像を塗りつぶしてしまい、今日に至るというケースはこの人物も例外ではない。仮に、やくざ者としてだけの一面が浮き彫りにされているのなら、天保の大飢饉で農民を救済したという逸話を一層掘り下げる必要は、今だからこそあるのではないだろうか。

続きを読む


おけいの子守唄 会津の開拓移民団入植跡地を米国自然保護団体が購入 [史実]

 日本女性で初めて農業移民として米国に渡った会津若松出身の「おけい」らの入植地「若松コロニー」(カリフォルニア州)の跡地を、米自然保護団体アメリカン・リバー・コンサーバンシー(ARC)が保存のため13日までに買い取った。(2010.11.14福島民報

 幕末の会津藩において、軍事顧問となったプロシア人ヘンリー・スネル(平松武兵衛)は、戊辰戦争後の明治二年(1869)五月、松平容保公の許可を得て会津藩士家族とスネルの日本人妻を含む約四十人と共にゴールドラッシュに沸くカリフォルニア州へ渡米した。彼らは日本茶と絹などの栽培を行う農業移民として、同州ゴールドヒルに開拓団として入植しその地を若松コロニーと名付けた。

 しかし、日本と異なる気候から茶の栽培は失敗、更に資金繰りの悪化とはやり病によりコロニーは早々に行き詰ってしまった。1871年にスネルは金策のため開拓者達を現地に残し、日本に向かったがその後消息を絶ってしまった。

続きを読む