So-net無料ブログ作成

最後の仇討ち 武士の忠義が美談から犯罪へ [史実]

 討ち入りといえば赤穂浪士だが、もうひとつ事件史に残る師走の遺恨沙汰がある。明治13(1880)年のきょう、日本最後のあだ討ちがあった。
 厳密には、明治政府が出したあだ討ち禁止令後初。旧秋月藩士の臼井六郎という青年が、幕末混乱期に暗殺された両親の無念を晴らす。相手は同じ藩士の一瀬直久で、判事だったから因果だ。(2010.12.17愛媛新聞)

 復讐禁止令、すなわち仇討ち禁止令が時の司法卿江藤新平によって発布されたのは明治六年(1867)二月七日である。これまで日本の慣行とされ、時に美化されてきた敵討ちは、以降犯罪と位置づけられたのだ。これは明治政府が日本を近代国家として整備する以上、犯罪を公的機関により処罰する公刑罰権の確立が急務であったことと、不平等条約改正のため、欧米列強に対して旧時代の野蛮な慣行を改める必要性があったからだともいう。

続きを読む


近松勘六行重 吉良邸討入りで使用したと伝わる槍を子孫が奉納 [人物]

 赤穂義士の一人、近松勘六が討ち入りの際に使用したと伝わる槍などがこのほど、赤穂大石神社(赤穂市上仮屋)に奉納された。討ち入りに使われた武器の多くは散逸しており、義士の遺品などを多く収める同神社でも珍しいという。(2010.12.08神戸新聞)

 近松勘六行重(寛文九年~元禄十六)は赤穂四十七士の一人である。同じく義士である奥田貞右衛門行高は実の弟だ。勘六は元禄十五年十二月十四日の吉良邸討入りにおいて、左兵衛義周の小姓山吉新八郎との斬り合いで足を負傷し、泉岳寺引き上げの際には籠を用いている。

続きを読む