So-net無料ブログ作成

種崎浜の悲劇 処刑された長宗我部旧臣73名の慰霊祭が初めて行われる [史実]

 長宗我部氏の遺臣が山内一豊によって処刑されたと伝えられる種崎事件の慰霊祭が6日、高知市種崎で初めて開かれ、約200人が73人の霊を弔った。(2011.03.07高知新聞)

 慶長六年(1603)三月朔日、土佐国へ山内家入国の祝いとして、浦戸内桂浜にて相撲大会が催された。国中の上下の者が集うが、この時見物の中から一揆徒党73名が捕らえられ、種崎の渚で磔刑に処された。(「山内家史料 第一代一豊公紀」より要約)

 ドラマや小説などでは、一領具足による反乱の首謀者を一網打尽にするため、相撲に出場した屈強な者達を、一豊公が無差別に銃殺するという事件として取り扱われている。だが、史料によると、予め指名手配されていた者達を検分の後逮捕し、桂浜から種崎に移送して、刑を執行したというのが事実のようだ。もっとも、処罰された者達の遺族や村民はこれに恐れをなし、一時山中に身を隠してしまったそうで、公は家臣を遣わし慰め、村民への処罰はないと呼びかけた処、騒ぎは次第に収まったという。

続きを読む