So-net無料ブログ作成
検索選択

宝暦治水事件 美濃の人々に受け継がれた薩摩藩士達の尊い犠牲 [史実]

 第41回南日本招待高校野球に出場する大垣日大高校野球部(岐阜県大垣市)の部員ら22人が13日、鹿児島市城山町の薩摩義士の碑を訪れた。「宝暦治水で郷土を守ってくれた恩人に感謝し、不屈不撓(ふとう)の精神を学びたい」と献花、線香を手向けた。(2011.5.14南日本新聞)

 宝暦三年(1753)、幕府は薩摩藩主島津重年公に美濃と尾張にまたがる木曽三川の治水普請を命じた。濃尾平野を流れるこれら木曽川、長良川、揖斐川は分流と合流を繰り返す、入り組んだ地形であったため、洪水による被害が多発していた。

 薩藩は家老平田靱負正輔を総奉行とし、総勢1000名もの人員を現地に派遣、宝暦四~五年に掛けて治水工事を行った。工事は困難を極めたが、完成した堤を検分した幕府役人は唐にもこれ程の堰はないと賞賛したという。しかし、幕府への抗議として自害した藩士と病死した者も含め100名近い犠牲を出してしまったことと、藩の決済を仰がず予算を上回る借金をした責任を取って、平田靱負も故郷に帰ることなく美濃大牧で切腹した。

続きを読む