So-net無料ブログ作成

新島八重子 スペンサー銃で会津戦争を戦い抜いた女性の生涯が大河ドラマに [topics]

 2013(平成25)年放送のNHK大河ドラマの主人公に会津若松市出身で、同志社大を設立した新島襄の妻・新島八重が有力になっていることが13日、関係者の話で分かった。(2011.06.14福島民友)

 慶応4年8月23日(1868.10.08)早朝、母成峠の守備隊を四散させた板垣退助、伊地知正治率いる新政府軍は、雪崩の如く若松城城下を急襲した。

 会津藩砲術師範役山本覚馬の妹八重子は、元籠式七連発ライフルを担ぎ、鳥羽伏見の戦いで戦死した弟三郎の形見の着物と袴に髪を切り、男装して入城した。彼女は篭城戦の最中、桜ヶ馬場小堤、本一ノ丁沿いの上級藩士屋敷から侵攻しようとする薩土藩兵に対して、北出丸の射撃隊を指揮し防戦したという。

続きを読む