So-net無料ブログ作成
検索選択

奥羽越列藩同盟 仙台藩上層部失策の犠牲でもあった使節を慰霊する [史実]

 戊辰戦争(1868~69年)の際、奥羽越列藩同盟を離脱しようとした秋田藩の説得のため秋田に派遣され、勤皇派の秋田藩士に暗殺された仙台藩士12人の慰霊祭が、命日に当たる4日、秋田市寺内の西来院で営まれた。(2011.7.5河北新報)

  慶応4年7月4日夜、秋田久保田藩の動静を探る事と、奥羽鎮撫総督府九条道孝公を米沢に移すため、秋田に派遣されていた仙台藩使節志茂又左衛門一行11人を、秋田藩砲術所浪士富山虎之助、遠山直太郎ら22人が宿所としていた茶町扇ノ丁幸野治右衛門方を襲撃、殺害し、仙台藩士達の首を城下五丁目橋に晒した。

 秋田藩の藩論を勤皇に統一するための犠牲となってしまった使節ではあったが、一方で仙台藩首席奉行但木土佐成行をはじめとする藩上層部の度重なる失策が、使節一行を死に追いやったとするのも、あながち言い過ぎではあるまい。

続きを読む