So-net無料ブログ作成
検索選択

加藤有隣 幕末の動乱に身を投じる切欠となった高杉晋作との出会い [人物]

 明治維新で長州藩士らとともに活躍した笠間出身の儒学者、加藤桜老(おうろう)(1811~84年)の生誕200年記念展が笠間公民館(笠間市石井)で開かれている。12月20日まで。戦前は市内に銅像があり、維新の功績をたたえていたが、戦後は忘れ去られていた人物。市史編纂(へんさん)作業の中で地元の偉人として再評価する機運が生まれ、再び脚光を浴びようとしている。(2011.11.27 MSNニュース)

 加藤有隣(名は煕『ひろし』。字は伯敬。別号に榊『しんいん』。)は文化八年七月ニ十八日、水戸藩士佐藤政祥の子として生まれる。7歳の時、外祖父である笠間藩士加藤忽蔵の養子となる。若くして学識高く、19歳で水戸藩の会沢正志斎、藤田東湖から水戸学を、江戸の昌平黌で学びながら、平田篤胤からは儒学、神道、更には雅楽、兵学、砲術を学んでいる。こうした豊富な知識と見識を用い笠間藩の藩政改革を実行しようとしたものの挫折、40歳で隠居の身となった。

 隠居後の安政三年(1856年)、三方に筑波、葦穂、我国、翠屏、柊、鯨、載圖、偃莖、加波、夏屋、比聖、南臺、餘波の山々が見渡せる御旗前(現茨城県笠間市笠間字御旗前)に十三山書楼と名づけた隠居所を建て、1階では私塾を開き、2階の書斎では国事を討論した。日本中から集まってきた志士達と交流の最中、長州藩士高杉晋作が有隣を訪れたのは、万延元年(1860年)九月三日朝だったという。

続きを読む