So-net無料ブログ作成
検索選択

長沢鼎 13歳で国禁を犯し密航した薩摩スチューデントの日記が発見される [人物]

 いちき串木野市の羽島から幕末の1865年、薩摩藩英国留学生として密航し、アメリカでワイン醸造会社の経営に成功した長沢鼎〔かなえ〕(1852~1934年)の雑記帳と日記がカリフォルニア州で見つかった。(2012.1.15南日本新聞)

 長澤鼎(1852-1934)は薩摩藩天文方の家に生まれ、藩校開成所で優秀な成績を修めたことで元治二年(1865年)の薩摩藩英国留学生に最年少の13歳で選抜された。英国での修学を経て1867年に同留学生吉田巳ニ(清成)、鮫島誠蔵(尚信)、森金之丞(有礼)、松村淳蔵、畠山丈之助(義成)らと共に米国人伝道師トマス・レーク・ハリスの下へ旅立った。

 彼らは藩命によって送り出されたとはいえ、当時の国禁を破っての渡航だったため全員が変名を使っての留学であった。長澤も磯永彦輔が本名であるが、二度とその名を使うことはなく留学生で唯一人故国の地を再び踏むこともなかった。

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

宮城縣郷土かるた 震災復興と戦災復興、かさなる願いを込めて半世紀ぶりに復刻 [topics]

 山形ゆかりの兄弟が1949(昭和24)年に制作した「宮城県郷土かるた」が半世紀以上の時を経て復刻された。敗戦からの復興途上にあった宮城県の姿を兄が詠み、弟が描いた合作かるた。東日本大震災で大きな打撃を受け、再生への道を歩み出した現在の宮城に重なる読み札もあり、「被災地に贈りたい」とまとめて購入するケースもあるという。(2011.12.31山形新聞)

 「郷土カルタ」は当地の伝統、自然、歴史、偉人、行事、産業といった様々な特色を詠み込んだもので、いわゆる「いろはカルタ」や「百人一首」などとは少々趣の異なるものである。平成13年に確認されたものでも、全国に535種類近くあるというのは驚きだ。中でも群馬県127種、埼玉県101種は全体の約3割を占め、大会も盛んに行われている。(1)

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー