So-net無料ブログ作成
検索選択

野崎主計正盛 江戸無血開城の一因と伝わる歌は自害した十津川郷士の辞世歌だった [人物]

 明治維新の先駆けとされる天誅組蜂起(1863年)。自刃した十津川郷士の辞世の歌が西郷隆盛を動かし、5年後の江戸城無血開城につながったという話が、「維新の魁・天誅組」保存伝承・推進協の機関誌で紹介されている。西郷を巡る“伝説”の一つのようだが、歌は確かに存在する。十津川の人々に受け継がれる高い志と郷土愛を示すエピソードだ。(2012.2.5毎日新聞)

 野崎主計は文政七年(1824年)、十津川郷川津村(現奈良県吉野郡十津川村大字川津)に生まれる。若年時病で床から起き上がることが出来なかったが、その間書物を通じて郷第一の世間通となり「川津のしりくさり」と呼ばれた。安政のはじめ、京で儒学者梅田雲浜をはじめ攘夷志士達との交友を深める。

 文久三年(1863年)八月二十日、大和国五条代官所を襲い倒幕挙兵した天誅組が十津川村に援軍を要請したのを機に、野村は長殿村で総裁吉村虎太郎に挙兵が義の戦いであることを確認し郷党を率いて参戦した。しかし、同月十八日の政変により天誅組はすでに賊徒とされており、事実を知るに及んで十津川郷士達は離脱した。主計は全ての責任を負い、九月二十四日故郷狸尾にて自害した。享年39歳。維新後、贈正五位。

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー