So-net無料ブログ作成
検索選択

黒田の家臣 寺田屋事件後、薩摩から見捨てられた志士達の150年法要 [史実]

 幕末に京都で起きた薩摩藩の内紛「寺田屋騒動」に絡み、薩摩への護送中に惨殺された志士3人が眠る日向市細島の陸繋島(りくけいとう)で4日、供養が始まって150年の記念祭が開かれた。3人の子孫らが初めて一堂に会し、地元の人たちと歴史に思いをはせた。(2012.5.5毎日jp)

 150年前の今日文久二年四月二十三日(1862.5.21)、薩摩藩士を中心とした尊攘過激派50数名は幕府と協調路線の関白九条尚忠と京都所司代酒井忠義を襲撃しようとしていた。しかし、伏見寺田屋にて上洛中の島津久光により説得、粛清された。

 投降した久留米藩真木和泉守、土佐藩吉村虎太郎ら藩籍を持つ者は各藩に引き渡され、薩摩藩士は船で国許に送還されることになった。浪人であった田中河内介、養子左馬介、甥の千葉郁太郎らも身柄を薩藩で預かることとなり、藩士らと同じ船に乗船した。理由は不明だが、筑前秋月藩士海賀宮門も同乗した。小藩ゆえ京阪に藩吏が来ていなかったからとする説もある。

 一行は日向細島港で船を降り、そこから陸路を鹿児島まで行く予定だと聞かされていた。しかし田中父子はその途上で斬られ、遺体は海に投げ捨てられた。目付役は河内介の同志である薩藩士に二人を斬るよう命じたという。彼らは当然これを拒否したが、藩命であると云われれば従わざるをえなかった。くじで特に河内介と親しくしていた柴山龍五郎が当たったが、苦渋している兄を見かねた弟是枝万助が代わりに父子を斬った。因果関係はわからないが、後に万助は気がふれ生涯を廃人で終えている。

 一方、千葉、中村、海賀三名は日向細島斬られている。田中父子殺害という薩藩の不信義に対して詰め寄ったためという説、また二人とは別の船に乗船していたためともいわれている。どちらにしても、秋月藩士である海賀を除く全員が最初から船中で殺害される予定であったことは間違いない。

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

郡長正 会津の誇りだけは汚すことが出来なかった青年藩士を慰霊する [史実]

 ゴールデンウイークの5月1日、午前中は昨日の雨も上がり、薄日が差す穏やかな日和の中、みやこ町豊津の甲塚墓地で、会津藩士:郡長正の142回忌墓前供養祭が厳かに執り行われ、みやこ町井上町長はじめ行政関係者や豊津郷土史会会員の方々が列席し、墓前に焼香して故人の供養をしました。(2012.5.2 京築ナビ)

 明治四年五月一日、斗南藩から小笠原豊津藩校育徳館へ留学していた郡長正が自刃した。長正は会津戦争の責任を取って切腹した会津藩家老萱野権兵衛長修の子である。自刃の原因は不明だが、一説には寮内の食事が口に合わない事を書いた手紙を豊津藩子弟に見られたことによるとされている。一方でそれは後世の創作であるとする説もある。しかし、豊津や会津の伝承では定説として浸透してしまっているようだ。

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー