So-net無料ブログ作成

ウィホーケンの決闘 ガンファイトの先に待っていたものはただ死と虚無だけだった [史実]

 アメリカ合衆国副大統領アーロン・バーと同財務長官アレクサンダー・ハミルトンが決闘を行なった日。 二人は法曹界に於いて長年のライバルであった。アレクサンダー・ハミルトンは1792年の大統領選挙でのバーの副大統領候補選出への希望に反対し、またバーが准将に任命されるのを防ぐためにワシントンを通じて影響を及ぼした。(2012.7.11歴史人.jp)

 現代社会において、決闘は法的に禁止されている。だが、当時は自らの名誉を賭けて果たし合うことは合法とされていたのだ。徳川幕藩体制下の日本でも、喧嘩両成敗という条件の下で同様であった。1804年7月11日に行われたハミルトンとバーの決闘も残された記録を見る限り、立会い人を立てての合法的な決闘であったと考えられる。しかし、検屍陪審は勝者のバーに対してハミルトン殺害の評決を下したため、二つの州から殺人罪の宣告を受けることになってしまった。

 ところが、現職副大統領であり上院議長であったバーは三ヶ月後に連邦議会が開催されると、何事もなかったように議会に現われ議長席に着いた。そのまま残された任期を全うしたところをみると、決闘自体になんら違法性はなかったとも考えられる。

続きを読む