So-net無料ブログ作成

OKコラルの決闘 偶像が人々の心に生き続ける伝説のヒーロー [人物]

 今から131年前の1881年10月26日、米国アリゾナ州トゥームストーンでアメリカ史に残る銃撃事件が起きた。ワイアット・アープは牛泥棒をはじめとする不正行為を働いていたカウボーイ、クラントン兄弟と対立していたが、この日保安官である兄ヴァージル、弟モーガンと友人ドク・ホリデイと共に、街中で銃を所持していたアイク・クラントンを逮捕しにいった際、この歴史的な事件が発生したといわれている。

 米国にとって、「OK牧場の決闘」の物語は我が国の「忠臣蔵」に相当する国民的ストーリーだという。これは日本だけに限ったことではないのだろうが、映画などのフィクションが事件をはじめワイアット・アープのヒーロー像をそのまま歴史として認識させてしまっている感もゆがめない。史実を知らずに想像するワイアットの偶像は明らかに物語によって作られたものである。彼は1929年に80歳で亡くなるまで、保安官の職務に就いたこともあるが、当時のガンマン同様に馬泥棒やギャンブラー、ペテン師であったことさえあるのだ。その真の姿からは私達が抱いている純朴で正義の士というイメージは微塵にも見当たらない。

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー