So-net無料ブログ作成
検索選択

新海竹太郎と北白川宮能久親王騎馬像 [人物]

PB130082.JPG 

  色づいた山々の紅葉や歴史散策を楽しむ人で賑わう日光の社寺。世界遺産に登録されているのも然ることながら、観光シーズンには普段見ることが出来ない貴重な文化財も特別公開され、世界中から旅行客が足を運んでくる。だが、同じ寺域でありながら、ほとんど人が訪れることのない史跡も存在している。それは豊臣秀吉の小田原攻めで北条氏に力添えしたため、寺領を没収され衰退していた輪王寺を復興させた天海の廟所慈眼堂周辺である。

 天海というと、「国家安康」という方広寺の鐘銘で豊臣家に言いがかりをつけて、大阪の陣を勃発させた張本人というイメージがあるが、ここでは今日の繁栄の基礎を作った恩人として、日光の人にしてみればお墓に足を向けては寝れない存在であろう。

 その慈眼堂であるが、現時点では立入りが禁止されている。立入り禁止だから人がいないのか、人が訪れないから立入り禁止にしたのかは判らないが、三代将軍徳川家光公の廟所大猷院の手前、法華堂山門をくぐり墓へ続く延命坂の手前には立入り禁止の立札が通行を阻んでいる。確かに、二社一寺からは離れていることや、濡れた落葉で石畳が滑りやすく危険そうな坂道を登らなければならないなど観光客が好んで見学に行くような場所ではない。確認のため、大猷院入口でモギリをしていた住職に聞いてみたが、答えは同じであった。

 そこで輪王寺の管理事務所にも問い合わせてみたところ、延命坂への通行は禁止であるが、二荒山神社へつづく西参道から車で山へ上がって行ける道路沿いにある駐車場からなら、慈眼堂の外観は見ることが出来ると言われた。道路は食事処から上がれる一箇所しかないため、間違うことはない。しかし、道幅は車一台分くらいしかなく、しかも急坂で九十九折の山道はかなり危険であった。到着した駐車場は以外と広く、かつては観光客を受け入れていたと思われる切符売りの小屋が残されていた。

 そして、私が目的としていた建物もその駐車場の目の前にあった。それは慈眼堂ではない。明治、大正の彫刻家新海竹太郎が制作した北白川宮能久親王騎馬像の木造原型を納めた泰安殿である。

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

もう一つの「のぼうの城」 由良家を存続させた甲斐姫の祖母妙印尼輝子 [人物]

 公開中の映画「のぼうの城」は天正十八年(1590年)、豊臣秀吉の小田原攻めの一環として進められた支城攻略を史実を基に描いた物語である。後北条氏は関八州に配置した支城と伝馬宿を蜘蛛の巣のように張り巡らし、情報伝達と兵力の迅速な移動を可能にし、これを領国防衛の基本とした。

 武州忍城の成田氏は北条家臣団の中では土地に根付いた他国衆(外様)に位置づけられるが、城主氏長は北条家より「氏」の一字を与えられ、一門同等に遇せられていた。かつて信玄、謙信と北条氏康が関東の覇権を争っていた当時、こうした土着豪族は風向き次第で自家存続の道を自由に切り開いていたが、武田が滅び、上杉も豊臣家に組み入れられた昨今の情勢から、領内の城主らは大半が北条家に組みせざるを得なかった。

 小田原攻めに際して、これら外様である他国衆の城主達は小田原城に参陣したが、これは同時に人質として集められたものでもあった。物語のヒロインである甲斐姫の祖母妙印尼は、上州新田の領主であり嫡男由良国繁と弟長尾顕長が小田原城で籠城していたが、一族存続のため、老骨に鞭打って北条に反旗をひるがえした。

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー