So-net無料ブログ作成
検索選択

戦国大名蘆名家最後の当主となった蘆名義広の書状が発見される [topics]

 東根市の旧家の所蔵品を調査していた「東根の歴史と民俗を探る会」は、戦国時代の福島県会津地方の領主・蘆名(あしな)義広(盛重、1575~1631年)の書状とみられる古文書を見つけた。対立していた米沢城主・伊達政宗との和睦を、同盟関係にあった領主に伝える内容。きょう9日午後1時半から東根市の東の杜(もり)資料館で開く同会12月例会で、調査内容を報告する。(2012.12.9 山形新聞)

 天正十五年(1587年)、前年にわずか3歳で早世した会津蘆名家当主亀若丸の継嗣問題で、伊達家と佐竹家は自らの血縁を入嗣させるために争っていた。伊達氏は政宗の弟竺丸をその座に着けようと画策していたが、佐竹氏に敗北を喫した。そのため、佐竹義昌の実弟が蘆名義広を名乗り、その結果、伊達氏との対立は決定的なものとなった。

 天正十七年、最上義光の取成しで大崎氏を従属させた政宗は、北の憂いを断ち、積極的な攻勢を掛けることで、南奥羽の戦局を一気に展開させた。その最終局面は六月五日、磐梯山の麓摺上原で佐竹・蘆名の連合軍との戦いに勝利したことであった。結果、蘆名氏は会津領から駆逐され、政宗は南奥羽の覇者となったのだ。

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

如春尼 東西本願寺分裂の要因をつくった女性の真実の姿は [人物]

 戦国大名の織田信長と11年に及ぶ「石山合戦」を繰り広げた本願寺11世・顕如の妻の如春尼(にょしゅんに)(1544~98)とみられる肖像画が、真宗大谷派(本山・東本願寺)の惠光(えこう)寺(大阪市平野区)で確認された。如春尼の肖像画としては2例目で、本願寺の歴史をたどる貴重な資料という。(2012.11.11 YOMIURI ONLINE)

 文禄元年(1592)、顕如が病没すると、太閤豊臣秀吉は長男である教如を後継者として指名した。しかし、翌年生母如春尼は顕如が三男准如を後継にするという生前の譲り状を添えて訴え出た。地位を追われた教如であったが、関ヶ原の役に際して家康の陣中見舞いに参じ、後の東本願寺建立の基礎をつくっている。一方、准如は西軍石田三成側につき、西本願寺として幕末まで豊臣恩顧の大名を支持する教団としての色彩を強めた。こうして本願寺は二つに分裂したが、徳川政権下、幕府は一向宗の力を削ぐ目的で東西本願寺両方の存続を許可したようだ。

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー