So-net無料ブログ作成
検索選択

田辺軍次 西軍協力者殺害は主君の仇討ちか戊辰の狂気か [人物]

  戊辰戦争最大の激戦「白河口の戦い」の舞台で、西郷頼母率いる会津藩が本陣を敷いたといわれる白河市の稲荷山公園で18日、同公園周辺整備事業の竣工(しゅんこう)記念式典が行われ、関係者が新たな観光施設の整備完了を祝った。(2013.4.19 福島民友)

P3220153.JPG

 明治三年八月十一日奥州白坂村(現福島県白河市)にて、斗南藩士田辺軍次は同村人馬継立締役大平八郎を殺害。その際、手傷を負った田辺自らも屠腹し死亡した。享年二十一歳。

 軍次の亡骸は同地観音寺に埋葬されたが、明治二十九年八月に会津会によって白河城址(小峰城)の南方丘陵地稲荷山の麓(現白河市松並)に改葬された。同地は慶応四年五月一日(1868.6.20)、会津藩家老西郷頼母を総督とする東軍2000が守備する小峰城を西軍700が攻撃した第二次白河口の戦いの中で、最も激しい戦闘の行われた古戦場だ。

 この日だけで西軍の死傷者が20名程だったのに対して、東軍は700名以上の戦死者を出している。史上、一日で死傷者の差がこれほど出た戦闘は古今稀であるという。

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー