So-net無料ブログ作成
検索選択

西郷菊次郎 最晩年に就任し行政手腕を発揮した永野金山 [人物]

 永野金山(さつま町永野−霧島市横川町)とその鉱業館長を務めた西郷菊次郎(1861〜1928年)を伝える記念誌「西郷菊次郎と永野金山」が、このほど完成した。菊次郎の父は、西郷隆盛。発行した永野西郷菊次郎顕彰会の原敬蔵会長は「菊次郎は知れば知るほど魅力のある人。これを機に、菊次郎の功績と永野金山の歴史を知ってほしい」と話している。(2013.5.13 毎日jp)

 西郷菊次郎は万延二年(1861年)、奄美大島の生まれ。父は西郷隆盛、母は島妻愛加那、父母が同じ妹に大山巌の弟誠之助に嫁いだ菊子がいる。

 明治十年の西南戦争では薩軍に従軍し、右足を膝下から切断する戦傷を負った。戦後、叔父である西郷従道の計らいで外務省に出仕し書記官として二度目のアメリカ渡航を果たしている。日清戦争後の台湾では、台北県支庁長、宜蘭庁長を歴任し、軍部から民政主導への統治を提言しこれを推進した。

 宜蘭川の堤防工事や原住民生蕃を話合いにより帰順させ、民心の安定を常に配慮した手腕に人々は心服し、当地では今日も西郷といえば隆盛ではなく菊次郎として、その名は親しまれ語り継がれている。

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー