So-net無料ブログ作成
検索選択

仏生寺弥助 天賦の才を持ちながら同郷の師からは認められなかった不遇の剣士 [人物]

 幕末の剣豪仏生寺弥助が京都で暗殺された後、埋葬された寺の過去帳に記述があったことが発見された。文久三年(1863年)六月二十五日の欄に一緒に殺害された高部弥三雄、三刀谷一馬と共に記されていたことと、戒名が一致したことで弥助の埋葬先が確実視されそうだ。

 仏生寺弥助は幕末江戸三道場の一つ、神道無念流練兵館が生んだ千人に一人の才を持った剣士であった。生まれは越中国氷見郡仏生寺村(現富山県氷見市)、道場の風呂炊きとして呼び寄せられた百姓の倅だった。故に苗字がなかったため、後に出生地の名をとり仏生寺を名乗った。

 稽古の様子を外からのぞいていたのを、門弟たちがからかい半分で竹刀を握らせてみると、思いの外筋がよく、向上心もあり瞬く間に稽古が進み十七歳で免許皆伝となった。大上段の構えからの面撃ちと前蹴りを得意とし、これを宣言しながらも相手は防げなかったという。

 しかし、放蕩癖があり無学だったため、塾頭にはなれず、道場では軽んじられ、次第に身を持ち崩してしまったようだ。

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー