So-net無料ブログ作成

官兵衛の兜 黒田騒動の中心人物栗山大膳が伝えた至宝 [史実]

 豊臣秀吉の軍師であった黒田孝高が実際に着用していた唯一現存する兜が、岩手県盛岡市のもりおか歴史文化館に所蔵されている。現在放送中の大河ドラマ「軍師官兵衛」のオープニングにも登場するだけあって、全国の博物館への出張展示が引切り無しの人気だという。

 この兜は大膳の父である栗山備後守利安(善助)が、如水孝高から直接譲られたものである。寛永年間の黒田騒動の際に、盛岡藩へお預けとなった大膳利章の子孫が後に南部家に召抱えられ、これを献上したのが当地に伝わる由来である。

 慶長九年(1604年)三月、孝高は今際の際に備後利安に筑前守(長政)への補佐を遺言し、九州征伐で使用した合子形兜と唐革縅の鎧を与えた。お椀を逆さに伏せた形の合子形兜は、官兵衛の正妻光の実家櫛橋家から贈られたもので、常に戦場で身に着けてきたものだ。官兵衛はこの兜が余程気に入っていたのであろう。善助に与えた兜が後年のもののようだから、同じ形のものを幾つか作らせていたのかもしれない。そして、それこそが今話題になっている現存する官兵衛の兜なのだ。

続きを読む


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー