So-net無料ブログ作成
検索選択

白蓮事件 連続TV小説は朝の大河ドラマ もう一人の主人公燁子の嫁ぎ先旧伊藤伝右衛門邸の入館者が急増 [topics]

 現在放送中のNHK連続テレビ小説「花子とアン」の主人公村岡花子の友人で、もう一つのストーリーラインの主役である燁子が嫁いだ福岡県飯塚市の旧伊藤伝右衛門邸がドラマ同様に人気を集めている。この邸宅は燁子が生活していた当時のままに現存しており、飯塚市の有形文化財に登録されている。

 ご存じのように物語の中で仲間由紀恵さんが演じる葉山蓮子のモデルは、明治大正の実在した歌人である柳原白蓮こと柳原燁子である。同様に夫である炭鉱王伊藤伝右衛門も嘉納伝助として脚色されている。燁子は伯爵柳原前光とその妾奥津りょうの間で明治十八年に生まれた。東洋英和女学校(ドラマでは修和女学校)に入学した経緯は、最初の夫である北小路資武と離婚した後、預け先である兄嫁の家庭教師が同卒業生だったからである。既に二十歳を過ぎていた燁子であったが、年下の同級生たちとの学園生活を謳歌したという。(1)

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー