So-net無料ブログ作成

義僕甚三郎 本懐を遂げた赤穂四十七士を労った近松行重の家来 [人物]

 江戸時代の浮世絵師歌川国芳が描き、版元海老屋林之助が弘化四年(1847年)に刊行した錦絵『誠忠義士伝』は、討入姿の赤穂四十七士を描いた全51枚の連作である。この程、兵庫県赤穂市立歴史博物館は最後の一枚を入手し、コレクションをコンプリートさせた。全作品を揃えている国内の施設は、東京都立中央図書館と大石神社(兵庫県赤穂市)に次ぐ3番目だそうだ。

 近松勘六の家僕甚三郎は、元禄十五年十月七日大石内蔵助らと共に主人が江戸へ下向する際に同行していたが、討入が近づいたことで暇を出されていた。亡き内匠頭と直接関係のない者の同行は一切認めないのが方針だったが、甚三郎は討入当夜、一行の跡をつけ、浪士たちの同情者大石三平、佐藤条右衛門、堀部九十朗らと共に吉良邸の門外で待ち受けていた。そして、本懐を遂げた四十七士らへ懐に詰めておいた餅と蜜柑を配った。空腹と喉の渇きをいやした浪士たちから、これは気の利いた用意だとして大いに感心されたという。

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー