So-net無料ブログ作成

聖骸顕示 フランシスコ・ザビエルの遺骸が10年振りに公開される [史実]

 インド南部の都市ゴア州オールドゴアで、天文十八年(1549年)に日本へ初めてキリスト教を伝道した宣教師フランシスコ・ザビエルの遺体が10年振りに公開された。

 日本における2年間の布教活動の後、インドへ戻ったザビエルは、日本人が彼の教えを尊いものだと理解しながらも改宗にまでは至らない理由を次のように答えを出していた。日本人は常に中国を先進国として見習ってきた歴史を持っていることから、神の話が尊いものであるのに、何故中国人はキリスト教を信じないのかと疑問を感じる者が多かったためだという。

 日本での伝道を成功させるためには、まず中国での布教をひろめてからだとする計画は、インドへの船便の中ですでに考えられていた。天文二十年(1552年)、広東の牢獄に囚われているポルトガル人の釈放を求める使節として入国の機会を得たザビエルであったが、この計画は直前になって頓挫した。同年八月下旬、純粋な布教を目的として、広東沖合の上川島(現広東省江門市)に渡航した。この島は当時明とポルトガルの密貿易の拠点であった。明国での布教は当然認められていないため、多額の賄賂を使い本土への密航の機会を伺っていたが、賄賂を渡した中国人は現れなかった。その間にザビエルは病に倒れてしまい、手当の甲斐なく十二月三日に永眠した。享年47歳だった。

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー