So-net無料ブログ作成
検索選択

伊達兵部大輔宗勝 無念にみちた余生、土佐高知での記録 [人物]

11.jpg 

 「且又兵部少輔ハ 先代之様子渕底乍存知 一入為不届之条 松平土佐守ヘ御預ケ

 伊達兵部宗勝は江戸時代、仙台藩最大のお家騒動寛文事件の中心人物である。

 寛文十一年(1671年)四月三日、兵部宗勝は、立花左近将監鑑茂、大井新右衛門政直、妻木彦右衛門と共に幕府評定所に召し出され、大目付大岡佐渡守忠勝、寺社奉行戸田伊賀守忠昌より山内土佐守豊昌への御預けを命ぜられた。豊昌公はその日のうちに評定所から芝三田の下屋敷へ、錠前を掛けた籠にて兵部の身柄を移し、同月十五日に178人の警護を付けて江戸を出立。二十八日、大阪で船に乗り換え、五月六日に土佐高知浦戸港に到着した。 

 仮に酒井雅楽頭邸における原田甲斐宗輔の刃傷が無かったとしても、「両人不和之故 家中仕置等不宜 年々刑罰之族不絶而  家中之輩 不成安堵之思」の兵部の責任は免れなかったであろう。

 配流された土佐での残された記録と史跡から、その後の生涯を追ってみた。

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー