So-net無料ブログ作成
検索選択

寿福院 加賀百万石の母芳春院との生涯で只一度の対立 [人物]

 「寛永の三筆」と称された芸術家・本阿弥光悦が、前田利家の側室で、三代前田利常の生母である寿福院に送った直筆の書状が発見された。

 寿福院は、「加賀藩資料(系譜)」に「側室。千世、また於千代保・東丸殿。元亀元年(1570年)生る」とあり、利家の正室まつ(芳春院)が最も信頼を寄せる侍女であった。

 文禄の役の最中、肥前名護屋城の陣中にて懐妊し、まつのもと金沢城に帰還。文禄二年(1593年)、猿千代(のちの利常)を産んだ。

 利家の死後、髪をおろし寿福院と号す。慶長十九年(1614年)、十六年間徳川の人質となっていた芳春院に代わり江戸に下向。寛永八年(1631年)、当地にて没す。享年六十歳。

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー