So-net無料ブログ作成

八ツ鹿踊り 政宗公より賜いし九曜の星を背負った八人の鹿 [史跡]

 昭和五十七年、現在の宮城県南三陸町戸倉水戸辺の高台土中から、この地区に伝わる鹿子踊の享保九年銘供養碑が発見された。表面には、「奉一切有為法躍供養也」、この世に生きる全てのものの供養のために躍りを奉納せよと刻まれていた。この発見は、長らく水戸辺地区で途絶えていた鹿踊り復活の契機となった。

 宮城県北部及び、岩手県南部の旧仙台伊達領、旧盛岡南部領内に伝わる鹿踊は、鹿に扮した踊手たちが祖霊供養を奉納する伝統舞踊である。地域によって流派が存在するが、一応に鹿の頭部を模した被り物と全身を反物で覆い、丈余のササラ竹を背負い鹿のように飛び跳ねるように舞う。それゆえ、発見された碑文にもあるよう、鹿踊は踊るではなく躍ると表記されるのが相応しいとされる。

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー