So-net無料ブログ作成

大田・絵堂の戦い 維新史から葬られた長州藩の佐幕派 [史実]

 幕末、長州藩の諸隊と萩政府軍の内戦、「大田・絵堂戦役」から150年を機に、勝利した奇兵隊をはじめ諸隊が本陣を置いた山口県美祢市美東町大田の金麗社において、同戦役戦没者顕彰碑の除幕式があった。

 元治二年正月(1865年)、萩藩政府(俗論派)は、筑前に逃亡中であった高杉晋作が武装決起したことを知り、追討軍を絵堂(現山口県美弥市美東町)に派遣した。下関功山寺で晋作が決起した当初は、遊撃隊80人程しか同調しなかったが、同月二日下関の伊崎新地会所を襲撃した際、挙兵の趣旨を記した高札(討奸檄)を掲げ、同様の文書を奇兵隊及び諸隊に送ることではじめて正義派の足並みが揃うこととなった。

 同月七日、絵堂に兵を進めていた栗谷帯刀率いる追討軍1000余名に対して、未明に奇兵隊、南国隊、膺懲隊の兵200が奇襲を掛け、これを敗走させた。更に諸隊は絵堂背後の大田、長登、秋吉を占領。狭隘な絵堂の地が防戦に不向きだったので、大田を根拠地とした。

 戦闘は10日あまり続き、装備の優劣と圧倒的な民衆の支持を得た諸隊側の勝利で終わった。こうして、長州藩は幕府への恭順から一転、維新へ続く倒幕へと舵を切ることとなった。

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー