So-net無料ブログ作成

渡辺長男と明治天皇御乗馬像 [人物]

IMG_0293.JPG 

 東京都多摩市都立桜ヶ丘公園。初夏の陽光と新緑の木陰が作り出す明暗の林道を歩いてゆくと、そこには日本の古き良き時代を想起させる歴史的建造物、旧多摩聖蹟記念館がひっそりと佇んでいる。

 明治十四年(1881年)二月十九日、宇津貫、御殿峠(現八王子市)で狩猟を行った明治天皇は、翌日東京へ帰還する予定であったのを、急遽連光寺村への行幸をお決めになった。二十日午前に到着され、昼食後、向ノ岡から榎田山、山ノ越、天井返にかけて兎猟を行い、この日6羽を収穫された。同年六月、連光寺に再び行幸された天皇は、一ノ宮から大丸山(現稲城市)にかけて鮎漁を天覧、多くの見物客であふれかえったという。

 翌年、現在の多摩市東部から稲城市、川崎市麻生区の一部は「御遊猟場」に指定され、大正六年の廃止まで「連光寺村御猟場」として成立し、天皇は数度の行幸を行っている。

 明治天皇と幕末維新の志士たちを顕彰していた元宮内大臣田中光顕は、昭和二年、連光寺村周辺の聖蹟の保存もかねて、多摩聖蹟記念館を建設、昭和五年(1930年)11月に開館した。この記念館の目玉ともいえるのが、当時、彫刻界の重鎮であった渡辺長男が原型制作をした「明治天皇御乗馬像」である。(1)

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー