So-net無料ブログ作成

五代友厚 連続テレビ小説は朝の大河ドラマ、ヒロインの精神的支柱に脚光 [人物]

 現在放送中のNHK連続テレビ小説「あさが来た」の主人公白岡あさは、明治の女性実業家広岡浅子をモデルに、その生涯をドラマ化したものだ。浅子の嫁ぎ先加島屋が大阪であったことから、当時大阪経済の中心人物であった薩摩出身の五代友厚との関係も描かれる予定だという。そのため、番組開始前の8月には、二人の功績を展示紹介する企画展がすでにスタートしている。(1)

 慶応元年(1865年)に薩摩藩が国法を無視して英国へ送り出した若き留学生たち、いわゆる薩摩スチューデントの引率役であり外交使節であったのが五代才助、後の友厚である。五代は使節として、欧州各国の視察と最新鋭の銃器と弾薬、紡績機械の購入、更に貿易商社の調印などに関わった。

 維新後、大名貸による藩の負債がほぼ消滅し大打撃を受けた大阪を復興するため、大阪商法会議所(後の大阪商工会議所)を設立。その初代会長に着任し、以後の生涯を大阪の発展のために尽くした。

 五代が現在も大阪経済界から尊敬されるのは、その貢献が決して私欲のためではなかったからだ。彼の死後、整理された書簡のほとんどが借金の申し出と返済不能に対する弁明書であった。自らの財閥をつくることもしなかった五代に残されていたものは負債だけであった。

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー