So-net無料ブログ作成
検索選択

乃木静子 人間乃木希典を支えた夫人の銅像を再建へ [人物]

 日露戦争陸軍第三軍司令官乃木大将の夫人静子の銅像は、戦時中に回収されるまで生誕地である鹿児島県鹿児島市新屋敷町にあった。戦後、長らく市民から再建の声が上がっていたが、この度広く募金を募り同地に再び建立する運びとなった。

 乃木静子は薩摩藩上士の湯地家の生まれ。明治維新までは減禄処分を受け、十人扶持の奥医師という体面であったが、たいそう貧乏であったという。だが、薩摩という気風の例にもれず、この家も赤貧でありながら明るい気質を備えた家庭であったそうだ。

 静子は七番目の子供からお七という名が本名であった。婚姻後、希典がその名が婦人の犯罪者を連想させるというので、自らの号「静堂」から一字をとって 静子に改名させた。

続きを読む


トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー