So-net無料ブログ作成
検索選択

長州砲 10ヶ月の里帰り展示を終え英国へ (追記) [史実]

 1864年の長州藩と四ヶ国連合艦隊の、いわゆる馬関戦争の際に使用された青銅製の「長州砲」が英国へと戻されるため荷造りされた。この大砲は昨年の明治維新(1868)140年と日英国交150年の記念行事の一環として里帰りが実現し、山口県萩博物館で今年5月まで展示されていたものだ。(2009.6.2山口新聞)

 馬関戦争とは1864年(元冶元年)7月、攘夷の名の下に前年より関門海峡を封鎖していた長州藩に対して、英をはじめ仏蘭米の四ヶ国の連合艦隊が下関の砲台を艦砲射撃で沈黙させた後、陸戦隊が上陸占拠した事件のことである。この戦争により、長州藩は外国の知識と技術を進んで取り入れ、倒幕へと政策を転換させた。

 

続きを読む