So-net無料ブログ作成
検索選択

南北戦争チャールストン港の戦い ワグナー砦で戦死したショー大佐の剣が発見される [史実]

 米国南北戦争において、1863年7月18日フォートワグナー攻略中に戦死した第54マサチューセッツ歩兵連隊の指揮官ロバート・グールド・ショー大佐の剣が子孫宅の屋根裏から発見され、マサチューセッツ歴史博物館に寄贈された。

 1861年早々、米国民の視線はサウスカロライナ州チャールストン港の三つの砦、ピンクニ―城、ムールトリ―砦、サムター砦に注がれていた。前年に黒人奴隷開放を掲げるリンカーンが大統領に就任した直後連邦を離脱したサウスカロライナ州の中で、この三砦だけが連邦の守備隊が守っていたからである。

 前年12月、ムールトリ―砦守備隊長ロバート・アンダーソン少佐は防衛に不利なことを鑑み自己判断で隊をサムター砦に移動した。これに対して、サウスカロライナ住民は、ブキャナン前大統領の公約である現状維持を破る行為だとし対決姿勢を明確にした。(1)

 新大統領リンカーンは食料が底を尽きかけたサムター砦に救援を派遣するも、南部連合軍はアンダーソンに降伏勧告を行った。流血を避けるつもりであったアンダーソンは降伏の期日を明言したが、1861年4月12日4時30分ジョンソン砦からの一発の砲弾が、米国史上最大の内戦の幕を落としてしまった。

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー